• 歯科で使用する放射線について

    私たちが治療に必要な情報を得るためにはレントゲン撮影が欠かせません。

    虫歯や歯周病を発見し、その広がりを情報として得ることで確かな治療が可能となるのです。

     

    そこで、レントゲン撮影による被曝についてのお話しです。

     

    みなさんは、日常生活を送っていながら被爆していることをご存知でしょうか?

    普通に生活していても放射線を浴びているのです。

    日本の場合平均で年間約1.0mSv(ミリシーボルト)で世界の平均は2.4mSv。

    ちなみにブラジルのガラバリ市街地では約10mSvの自然放射線をうけているそうです。

    このガラバリの住民が他の地域と比べて特別健康に問題があるというわけではありません。

     

    以下に参考になりそうな身体が受ける放射線のデータを載せます。

     

    普通に生活していて年間に受ける自然放射線(日本) →約1.0mSv

    普通に生活していて年間に受ける自然放射線(世界) →約2.4mSv

    東京からニューヨークまで飛行機で移動した場合 →約0.9mSv

    胸のエックス線集団検診1回 →約0.05mSv

     

    顎のレントゲン写真(パノラマ)→約0.04mSv

    歯のレントゲン写真(小さいフィルム)→約0.02mSv

     

    このように歯科で使用するレントゲンから受ける放射線量は非常に少なく体への影響はほとんどありません。

LINEでご予約・お問い合わせ

ご予約・お問合せ

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
0422-37-0777

10:00-13:00 / 14:30-19:00(土曜17時まで) 休診:日曜・祝

診療時間
土曜14:30-17:00

〒180-0021 東京都武蔵野市桜堤1-8-3

JR中央線 武蔵境駅 北口より徒歩約15分

JR中央線 武蔵境駅 バスで約5分。
小田急バス(境21) 団地中央(桜堤団地)下車。

お車の方は1台分のみ駐車スペースを
ご用意しております(自費診療のみ)。