当院では、虫歯治療のあとの奥歯の詰め物にさまざまな素材をご提供できます。ここでは当院で取り扱っているインレーの種類をご紹介します。

審美治療による白い奥歯の詰め物

セラミックインレー

セラミックインレー
▲セラミックインレー

ポーセレンインレーとも呼ばれ、100%セラミック(陶器)で出来た白い奥歯の詰め物です。最近では強度の高い次世代セラミック素材であるe.max(イーマックス)システムのセラミックインレーが主流となりつつあります。

ハイブリッドインレー

ハイブリッドインレー
▲ハイブリッドインレー

セラミック素材とプラスチックを混ぜたハイブリッド素材のインレーです。保険用プラスチックより強度に優れ変色しにくく適度にすり減っていくので対合する歯にも優しい詰め物です。

お口の中の環境にもよりますが、100%セラミックではないので変色は経年変化で起こる場合があります。その場合はやり変えをおすすめします。

*審美治療による奥歯の詰め物の修復は 審美専門のドクター が担当し予約制になります。

ページの先頭へ戻る

金属のインレー

ゴールドインレー

ゴールドインレー
▲ゴールドインレー

高カラット金合金で出来ている詰め物で、形成した歯にピッタリと適合するため、詰め物の中でも一番虫歯のリスクが低いと言われています。長年の実績があり、金属色を気にしなければ、生体親和性の高い安心の素材のため、現在でも多く使われています。

まれに金属アレルギーの可能性があるので、その場合は白いセラミック素材をおすすめしております。

パラジウムインレー(保険の詰め物)

パラジウムインレー
▲パラジウムインレー

保険の銀歯の詰め物でパラジウム合金の素材です。保険治療で見た目にはこだわらない方向きです。表面が傷つき艶がなくなることがあります。

金属の色が気になるという方、金属アレルギーの可能性がある方には向いていません。

歯の詰め物が取れてしまった場合

「歯の詰め物が取れてしまったのですが痛くはありません。治療は必要ですか?」というご質問をよくお寄せいただきます。歯の詰め物が取れたら、必ず治療が必要です。歯の詰め物が取れてしまった時に、痛みが無いと、ついそのままにしてしまいがちです。

しかし虫歯は必ずしも痛みを伴うわけではありません。痛くないからといって放置しておくと、どんどん進行してしまいます。詰め物が取れたところが 虫歯 になっているかもしれませんので、なるべく早く診察を受けることをおすすめします。

頭が大きく欠損している場合は…

アンレー
▲セラミックアンレー

詰め物というよりも、虫歯の範囲が広がりすぎて修復がインレーでは難しい場合は、アンレー(オンレー:載せる詰め物)や クラウン法の被せ物 が対象になります。

ページの先頭へ戻る

LINEでご予約・お問い合わせ

ご予約・お問合せ

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
0422-37-0777

10:00-13:00 / 14:30-19:00(土曜17時まで) 休診:日曜・祝

診療時間
土曜14:30-17:00

〒180-0021 東京都武蔵野市桜堤1-8-3

JR中央線 武蔵境駅 北口より徒歩約15分

JR中央線 武蔵境駅 バスで約5分。
小田急バス(境21) 団地中央(桜堤団地)下車。

お車の方は1台分のみ駐車スペースを
ご用意しております(自費診療のみ)。