» メディア・書籍 紹介:桜堤あみの歯科

健康保険各種取扱 初診急患随時受付 小児歯科専門医
駐車場1台分 クレジットカード支払 歯科用CT撮影対応

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
0422-37-0777
10:00-13:00 / 14:30-19:00(土曜17時まで) 休診:日曜・祝
アクセス・地図 お問い合わせ

メディア・書籍 紹介

メディア・書籍 紹介

2017年4月7日

夕刊フジ「名医はこの人ブラックジャックを探せ」に掲載

Filed under: メディア・書籍 紹介 — 桜堤あみの歯科

2017年4月7日に発売された夕刊フジに、
「名医はこの人ブラックジャックを探せ」と題して、
当院のドクター網野が紹介されました。

夕刊フジ名医はこの人

2016年6月1日

頼れるドクター 武蔵野・多摩・八王子 2016-2017版

Filed under: メディア・書籍 紹介 — 桜堤あみの歯科

ドクターズ・ファイル特別編集「頼れるドクター 武蔵野・多摩・八王子 2016-2017版」に当院が掲載されています。

頼れるドクター表紙

頼れるドクター1

頼れるドクター2

 

頼れるドクター 武蔵野・多摩・八王子 2016-2017版

 

主婦の友社Como(コモ)2016年6月号・監修

Filed under: メディア・書籍 紹介 — 桜堤あみの歯科

「歯磨き嫌いでも大丈夫!子どもの虫歯どう防ぐ?」

IMG_20160601_0001

Como(コモ)2016年6月号(主婦の友社刊行)の”Como Topics!”のページに網野院長が監修として関わりました。「歯磨き嫌いでも大丈夫!子どもの虫歯どう防ぐ?」 と題し小児歯科学会認定専門医としてアドバイスを行っております。

 

 

(以下、本文より抜粋)

~プロの歯科医と二人三脚で子どもの虫歯を予防して~

虫歯を作らないために、日ごろママができることはなんでしょう?

「もちろん、毎日の歯磨きや食生活がいちばん大切です。でも、ママの管理だけで100%虫歯を防ぐのは限界があります」と網野先生。

「虫歯になりやすい歯並びの子は、どんなに歯磨きをきちんと行っても虫歯になってしまうことも。子どもが虫歯になると、あんなに歯磨きをがんばったのにとストレスを感じるママもいます。大切なのは、ママひとりで抱え込まず、プロの歯科医に頼ること。かかりつけの歯科医を見つけて定期的に検診に通い、虫歯が小さいうちに治療する、歯医者さんに抵抗をなくしておく、などが大切です」

また、毎日のおやつの時間を決めることが、虫歯予防に効果的だそう。

「一日中、だらだらとおやつを食べる子どもは虫歯になりやすい傾向にあります。15時~15時半などと時間を決め、その時間以外はおやつを食べない習慣をつけましょう」

 

主婦の友社Como(コモ)2016年6月号

2016年5月7日

直撃LIVE グッディ! 2016年5月4日コメント出演

Filed under: メディア・書籍 紹介 — 桜堤あみの歯科

5月4日放送のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」のいちコーナー『カッツミーのピカッとNEWSボード”ドローンに馬!いま話題の「○○を抜く方法」”』に網野院長が小児歯科認定専門医からの意見としてコメントしました。

 

(以下番組内容抜粋)

誰もが子どもの頃に経験した”乳歯が抜ける瞬間”

みなさんはどのように乳歯を抜いたか覚えていますか?実は今、インターネットでいろんな方法で乳歯を抜く動画が話題になっているんです。

image2

ドローンに馬、中にはバイクを使って・・・

image3

これらの動画に対し、網野院長は小児歯科認定専門医としてコメント。

499988_pcl[1]

子どもの成長を肌で感じる「乳歯が抜ける瞬間」ですが、皆さんも思い出作りをされる際には歯科医にご相談くださいね。

 

くわしい番組内容はこちら↓

「直撃LIVE グッディ! カッツミーのピカッとNEWSボード」

 

2015年9月8日

「乳歯無理にぬかないで」2015年9月4日の読売新聞に掲載

Filed under: メディア・書籍 紹介 — 桜堤あみの歯科

(以下、上記記事抜粋)

6歳前後になると、乳歯が抜けて永久歯に生え替わり始める。ぐらつく乳歯は無理に抜こうとせず、生え始めの永久歯は虫歯にしないよう丁寧に手入れをしたい。親が仕上げ磨きなどを通じ歯の状態をよく確認することが大切だ。

歯の生え替わりは長期間に及ぶ。20本の乳歯が生え替わり、新たな永久歯も加えて計32本になるのは17~18歳ごろ=イラスト上=。人によっては、一番奥の「親知らず(第3大臼歯)」が生えずに計28本の場合もある。

まず、6~8歳ごろに前歯の上下4本が生え替わる。早い子では4歳くらいで抜け始める場合もある。同時期に乳歯の奥隣に「6歳臼歯(大1大臼歯)」と呼ばれる新しい歯も生えてくる。その後、15歳ごろまでに残りの乳歯も順次生え替わっていく。個人差が大きいので、生え替わりが遅いからと過度に心配する必要はない。

乳歯はどのよな仕組みで抜けるのだろうか。「桜堤あみの歯科」(東京)院長の網野重人さんによると、歯茎の内部で永久歯の成長が始まると、乳歯の根っこの部分が縮むように消失していき、最終的に抜け落ちるのだという。

ぐらつきが気になるからといって、まだ根っこが残っている状態で無理に引き抜くと歯ぐきを傷つけたり、歯が割れたりする恐れもある。抜いたほうがいいかどうか迷ったら、歯科医に相談しよう。

東京都内の主婦は最近、長男(6)が、ぐらつく前歯を触る癖が気になるという。「低年齢の子に触るなといっても難しい。むしろ、口に雑菌が入らないように、触る場合は手を清潔にしてからと教えてあげましょう」と網野さんは助言する。

ただ、乳歯が抜ける前に、永久歯が出てきてしまうケースもあり、気づいたら早めに受診する。永久歯が斜めに生えないよう処置が必要となる場合もあるからだ。

一方、生え始め歯は虫歯に注意が必要。特に6歳臼歯は、手前の歯の陰になって見えづらく、磨きにくい。

「ライオン歯科衛生研究所東京デンタルクリニック」の歯科医、河野有里さんは「生え始めの歯は汚れが付着しやすいので、必ず親が仕上げ磨きをしてあげて」と助言する。歯ブラシが届くように意識して磨いてあげたい=同以下=。

「12歳臼歯(大2大臼歯)」も生え始めは同様に磨きにくいので、子どもに磨き方をよく教えておこう。糸状のデンタルフロスを使ってもよい。

生えた歯が成熟し、安定するには5年ほどかかるとされる・虫歯予防のため、3~6ヶ月に1度、歯科でフッ素塗布をしてもらうのも有効だ。

「歯が生え替わる時期は、口の中の状態が大きく変わる。8歳くらいまでは親が仕上げ磨きをしながら、口の中をチェックしてあげてください」と河野さんは話す。

歯が生え替わる時期に注意すべきこと

  • グラグラする歯でも、根っこが残っている可能性もある。無理に抜こうとしない。
  • 歯がぐらついている間は歯ぐきに炎症が起きやすく、出血することも。仕上げ磨きの際、痛がる場合はブラシが強くあたらないよう配慮する。
  • 歯科でのフッ素塗布や、フッ素入りの歯磨き粉などを上手に使い、虫歯を予防する。
  • 生え替わりの時期には個人差がある。他人と比べない。

(網野さん、河野さんの話をもとに作成)

2015年5月27日

直撃LIVE グッディ!

Filed under: メディア・書籍 紹介 — 桜堤あみの歯科

5月14日放送のフジテレビの「直撃LIVE グッディ!」の”このニューズ知ってました?”というコーナーにて

「アメリカ・カリフォルニア州で、父親が娘の歯をやりにつないでやり投げで歯を抜く映像を撮影。動画はネットで話題となり、1週間で3万回再生された。」

というニュースに関して、小児歯科認定専門医からの意見としてコメントしました。

image2

image1

内容詳細はこちらから

 

2015年5月13日

主婦の友社Como(コモ)6月号・小児歯科特集ページ監修

Filed under: メディア・書籍 紹介 — 桜堤あみの歯科

正しい歯磨きと知識で「子どもの虫歯、絶対作らない宣言」

Como(コモ)6月号

Como(コモ)2015年6月号(主婦の友社刊行)における小児歯科特集ページに、当院の網野院長が監修として関わりました。「正しい歯磨きと知識で、子どもの虫歯、絶対作らない宣言」と題して6ページにわたりアドバイスを行っております。

お子さまをもつ主婦の声をQ&A題材として網野院長がコメントしており、イラスト・写真付きで、大変分かりやすい内容となっております。ぜひAmazon等のオンラインBOOK通販やお近くの書店などでお買い求めいただければ嬉しく思います。

2015年3月21日

ドクターズファイルに当院が掲載されました

Filed under: メディア・書籍 紹介 — 桜堤あみの歯科

このたび、桜堤あみの歯科がドクターズファイルという医師専門のインタビューサイトに、武蔵野市の歯医者紹介ということで掲載されました。

紹介記事ページは以下のリンク・画像より
http://doctorsfile.jp/h/30344/df/1/

ドクターズファイル

取材当日は、天候にも恵まれ、記事専任のライターさんとカメラマンさん、ディレクターの方々が当院を訪れ、和やかな雰囲気の中、フリートークでお話に花が咲きました。

普段、網野院長もご自身の事を話す機会というのはあまりないため、このようなインタビュー記事への露出は、そのお医者さんの人となりや雰囲気が分かりやすく、とても良い機会だと思いました。

ご興味のある方は、ぜひ上記のインタビュー記事をご覧いただければと思います。もし、このインタビュー記事がきっかけで当院を来院された際にはぜひ「ドクターズファイルの記事を見た」と一言おっしゃっていただければ大変嬉しく思います。

2015年3月19日

フジテレビ とくダネ!

Filed under: メディア・書籍 紹介 — 桜堤あみの歯科

1月9日放送のフジテレビの「とくダネ!」の”小倉が斬るニュース”というコーナーにて

「息子の抜歯は”ゴルフショット” ネットで人気・・・10万回再生動画」

というニュースに関して、小児歯科認定専門医からの意見としてコメントしました。

 

image1

 

 

内容詳細はこちらから

 

2014年10月16日

ひよこクラブ 2014年11月号に当院が掲載されました

Filed under: メディア・書籍 紹介 — 桜堤あみの歯科

歯科医療最前線

ベネッセが刊行する育児・子育て雑誌の「ひよこクラブ」11月号に、
「1歳までのデンタルケアが大切です!初めての歯科検診」と題して、桜堤あみの歯科が掲載されました。

赤ちゃんの歯は1歳になる前に生え始め、その瞬間から虫歯のリスクがあります。また、妊娠中は虫歯や歯周病になりやすく、赤ちゃんにもうつりやすいため「マイナス1歳から1歳まで」の歯科検診が重要。そこで、乳幼児や妊婦さんのデンタルケアに注力する日本全国のクリニックをピックアップで紹介しています。

1 / 212

ページの先頭へ