親知らず 抜歯 歯科口腔外科 武蔵境 武蔵野市

健康保険各種取扱 初診急患随時受付 小児歯科専門医
駐車場1台分 クレジットカード支払 歯科用CT撮影対応

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
0422-37-0777
10:00-13:00 / 14:30-19:00(土曜17時まで) 休診:日曜・祝
アクセス・地図 診療予約・お問い合わせ

親知らず・歯の外傷(歯科口腔外科)

親知らず・歯の外傷(歯科口腔外科)

  1. TOPページ
  2. 親知らず・歯の外傷(歯科口腔外科)

親知らず(口腔外科専門医が担当)

当院では、難しい親知らずに関しては口腔外科専門医の先生が専門的に担当します。詳細な診査が必要なケースは歯科用CTによる撮影・診断も行っております。ぜひ一度ご相談ください。

親知らずは、抜いたほうがいいのでしょうか?

親知らず

親知らずとは、一番奥の歯、つまり永久歯の第三大臼歯のことで、上下左右で合計4本あります。親知らずはすべて抜くとは限りません。あごが大きく親知らずが楽に生えていて、歯ブラシが十分つかえるような時。それに一つ手前の歯が抜かれていて、親知らずにブリッジや入れ歯のバネを掛けた方が安定がいい時は抜かなくても良いでしょう。

しかし、上顎の親知らずは使える場合はほとんどありません。親知らずは抜いた後、入れ歯など何も入れる必要はなく、全体の噛む力にも変化はありません。正常に4本生えてきたらほかの歯と同様に大切にしてください。問題は、生え方の異常な親知らずです。

埋もれた親知らず
▲横に埋まっているイメージ

例えば…

(1)歯ぐきの横から生えてきた
(2)顔を出しそこなって歯ぐきの中に潜ったままになっている

…などです

(1)のような歯は歯ブラシが届きづらいのでむし歯になりやすいです。むし歯になったら抜いた方がよいでしょう。また、異常な生え方のために痛みがあったり、噛み合わせが悪いなどほかの歯や顎関節に負担をかけているときがあります。上の親知らずだけが生えて下の歯がなく、かみ合わせの相手がない場合も抜いてしまった方がよいでしょう。

(2)の場合でも親知らずが隣の歯に負担をかけていたり、隣の歯を治療しなければならなかったりするときは抜いた方がよいでしょう。

異常に生えた親知らずが起こす問題点

  1. 食べ物のカスなどがたまりやすくむし歯になりやすい
  2. 歯ブラシが届きづらく、むし歯や口臭の原因になりやすい
  3. 隣の歯を押すなど歯並びを乱したり、かみ合わせが悪くなる可能性がある
  4. 親知らずが原因で歯肉炎を起こすことがある

ページの先頭へ戻る

埋まっている親知らずの抜歯

親知らず
▲埋まっている親知らず

歯槽膿漏(歯周病)や虫歯になったことがない方でも、親知らずに悩まされた方は多いのではないでしょうか?「第三大臼歯」これが正式名称ですが、「智歯」とも呼ばれています。また、親が亡くなった後に(?)に生えてくるため「親知らず」と通称されています。

今回はこの親知らずを何故抜かなければならないのか、についてお話したいと思います。

親知らずの抜歯は多くの方が経験する人生の一大イベントです。生まれて初めて経験する手術、という方も多いのではないでしょうか。「私は生えてこないから大丈夫」、「以前、痛かった(腫れた)けれど、もう治った」という方も、必ずレントゲンで確認してください。

まず、上下の親知らずがまっすぐ生えていてうまく噛み合っていれば、適切なブラッシング(メンテナンス)を行うことで抜歯する必要がありません。また、骨の中に深く完全に埋まっている場合も抜歯しなくてよいケースです。しかし、そのような患者さんは稀で、多くの方は親知らずの一部が見えている、または歯茎に覆われているが骨からは萌出(ほうしゅつ)しているのです。

親知らずの一部が生えていても、一部が歯茎に覆われている場合は、ブラッシングが不十分となり智歯周囲炎(親知らず周囲の歯槽膿漏)や虫歯になります。

親知らずが生えていない場合は、レントゲンで埋まっている位置を確認します。斜めに埋まっている場合も多く見られ、歯茎が覆っているけれど骨から出ている状態です。すると、覆っている歯茎の隙間を伝って歯周病菌が親知らずの周囲に進入します。無症状な事が多いため、気がついたときには膿の袋(嚢胞)を形成していることもしばしば見られます。

智歯周囲炎や嚢胞、虫歯などは無症状で進行するため、「抜かなくてもいいのかな」と錯覚する患者さんが多いです。そのまま放置しておくと以下のように取り返しのつかない事態になりかねません。

しかし、「親知らずを抜く」といえば誰もが憂鬱になります。痛い、腫れる、ご飯が食べられない等々、心配事も多いと思います。

埋伏智歯抜歯(まいふくちしばっし)

埋まっている親知らずの抜歯は「埋伏智歯抜歯」という術式で行います。
麻酔は通常歯科治療(虫歯の治療など)で行う局所麻酔で対応可能です。しかし、深く埋まっている場合には痛みのコントロールが難しいことがあるので、伝達麻酔(片側の顎の神経をブロックします)を併用する場合もあります。術中、術後の痛みをできる限り緩和するように心がけて行います。

次に、歯茎に埋まっておりますので、歯茎を切開します。切開は親知らずの前後5~8mm程度ですが、全く痛みはありません。歯茎を切開すると親知らずが見えてきます。親知らずの上にかぶっている薄い骨を除去することもありますが、除去した骨は必ず再生します(顔面が変形する?ということは決してありません)。

親知らずの頭(歯冠)が見えてきたら、歯の一部を削ります。虫歯を削る要領で、注水しながら行います。親知らずを削って小さくしてから抜歯し、傷口を縫合して終了です。平均20~30分程度の処置ですが、埋まっている深さや親知らずの形態によってはさらに時間を要することもあります。

術後について

痛み 基本的には痛み止めで治まります。また、飲み込み時の痛み(嚥下痛)が出現することがありますが、徐々に改善します。
出血 術後から翌朝まで微出血があります。うがいや唾液を吐くと薄い血液が混ざりますが、微出血は傷口を保護する「かさぶた」を形成している途中の現象ですので心配ありません。強いうがいをしないように気をつけてください。
腫れ 術後より顔が腫れます。2~3日目が腫れのピークで、その後徐々に改善し、7日目位にはほとんど改善します。
痺れ感 顎の中に神経が走行しているため、抜歯後に歯を抜いた側の下唇とあごの皮膚に痺れ感や鈍麻感が出現することがあります。稀な症状ですが、後遺症となる場合がありますので、レントゲンを見ながらご説明いたします。
内出血 ごく稀ですが、腫れや出血が多い場合には顎に内出血を起こすことがあります。徐々に改善しますが、色が取れるまでに1〜2週間を要します。
術後生活 激しい運動、飲酒、長風呂は避けてください。痛み、腫れ、出血を増強させる可能性があります。ただし、体が温まらない程度のシャワーであれば可能です。食事は、抜歯していない側を主に使って、硬い物や香辛料の強い食事は避けてください。また、喫煙されている方はできるだけ控えるようにしてください。

上記はあくまで、一般的注意事項です。患者さんの全身状態によって術式や術後の状態も多少違いがございます。

ページの先頭へ戻る

外傷(ぶつけて前歯が折れた・抜けた)

歯が折れた

接触事故や転倒など、前歯をぶつけて折れたり抜けたりした場合の応急処置も歯科口腔外科の分野です。早めの受診をおすすめしております。

特にこの辺りは遊び盛りの子どもも多く、スポーツや自転車の転倒、遊具からの落下など、前歯をぶつけるお子さんが多くお見えになります。

治療内容については成人の方も子どもの外傷と変わりませんので以下で詳しく説明しております。

関連項目⇒小児歯科における子どもの外傷について

ページの先頭へ戻る

JR武蔵境駅の地図

JR中央線 武蔵境駅 北口より徒歩約15分

JR中央線 武蔵境駅 バスで約5分
小田急バス(境21) 団地中央(桜堤団地)下車

お車の方は1台分のみ駐車スペースを
ご用意しております

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
0422-37-0777
10:00~13:00 / 14:30~19:00(土曜17時まで)
休診:日曜・祝日
アクセス・地図 診療予約・お問い合わせ

〒180-0021 東京都武蔵野市桜堤1-8-3

診療時間表
※土曜は17時まで

日本小児歯科学会専門医

スタッフブログ

メディア 書籍紹介

ドクターズファイルインタビュー

治療内容

歯科用3D-CT

歯科関係者向けのCT撮影依頼も受け付けております。

ページの先頭へ